健康被害をもたらす

鳩の害とはどのようなものか

鳩は平和のシンボルとして人々に愛されてきました。鳩にもいろいろな種類がありますが、ドバトと呼ばれる家鳩は通信や軍用に使われ暮らしに欠かせない鳥でした。しかし鳩を利用することがなくなると、飼い鳩はやがて人家を離れ都会を棲み処とするようになったのです。エサは豊富にあり、コンクリートの隙間など羽を休める場所にも事欠きません。こうして都会の鳩は増え続け、やがて人間の暮らしに支障をきたすようになりました。フンをまき散らす鳩は、今や公害と言われています。その対策はいろいろ考えられていますが、まずはWEBサイトなどでその習性を知り、自己防衛する必要があります。鳩は狭い場所を好み、フンのある所にどんどんフンをしますから、ベランダなどをいつもチェックしキレイにしておくことが大事です。

ハトの害を防ぐ方法とは

鳩は帰巣本能が強く、1日の動きがほぼ決まっています。いちど居場所を決めると、追い払ってもすぐ戻ってきます。非常に執念深い鳥なのです。安全な場所と思ったら、そこで卵を産み続ける繁殖力の強い鳥です。最近はカラスが鳩の卵を食べるようになりました。その為マンションのベランダに置かれた備品の陰など、外敵から避けられる所に巣を作るようになりました。最近恐れられているのが、人への健康被害です。とくに高齢者や病人など免疫力が弱っている人は要注意です。対策の第一は清掃です。フンを見かけたら小まめに清掃し溜めないようにすることです。健康不安がある人は、専門業者に依頼すると良いでしょう。その他の対策として、ハトよけネットを張ったり防止器具を用いる方法もあります。手に負えない場合は、やはり専門業者に対策を依頼すべきでしょう。