身近な害鳥

鳩も時と場所によっては立派な駆除が必要になります。

公園やレジャー施設では人馴れした鳩が悠々と生息しています。鳩はあまり駆除の対象動物としては挙げられないのですが時と場合によっては糞害や騒音公害などで問題を引き起こします。そもそも人間の勝手で駆除対象になってしまっているわけで可哀想な気もします。鳩はカラスほど頭は良くありませんが学習能力があって同じ駆除方法ではうまく行きませんので様々な駆除対策が考えられてきました。ただし鳩は日本の平和の象徴でも有り、むやみに駆除することも禁じられています。レース用の鳩などのように公的に利用されている鳩も存在します。素人が勝手に行う対策には問題点が多いことも挙げられますので専門家に相談するのが良い方法だと言えます。

傷つけず糞害などの対策をする方法が望ましい

鳩にやさしい対策を講じるのが望ましいのです。公的な駆除業者さんにお願いすると2万円程かかります。たかが鳩と思われがちですが猟銃で打つことは勿論、傷つける行為も法律に触れることさえ起こりうるのです。だから鳩対策は厄介です。ベランダなどに飛来する鳩ならば網などフェンスを儲けることが一般的ですが、危険を学習させる方法が効果的で野性的な本能に学習させるのです。蛇などの外的がいるように見せかけるのも効果があります。場所を変えたり目立つ色の模型を使ったり工夫してみることです。止まる場所を無くすという方法も考えられます。但し針山など直接傷つける行為は避けたいものです。鳥獣保護にもなり共存を考えた対策が望ましいと言えます。