増えている鳩の被害

鳩の習性とフン害について

鳩は古くから人と共存してきた動物です。そのため、エサの半分以上は人から与えられたものや食べ残しのゴミを頼りに生きています。鳩は毎日決まったルートを飛び回り、決まった場所で休憩し巣を作ります。また、ベランダや室外機の下は外敵が寄り付かず巣を作るのに最適な場所となります。鳩はとても執着心が強い動物です。一度、安全だと確認し停まれると決めた場所は鳩対策の剣山や防鳥ネットを張っていても意地でも侵入しようとします。また、自分のフンがあると安心し、他の鳩の飛来の原因となることもあります。ベランダなどにフンを見つけたらすぐに掃除することが大切です。フンには悪臭や汚れ以外にもアレルギー物質や寄生虫など健康被害を引き起こすウィルスを媒介する可能性もあります。

飛来やフン害に有効的な対策とは

一番大切なのは鳩が現れてからすぐの対処です。ただ停まっているだけと見過ごしているといつの間にか休憩所となり、最終的には巣を作る場所となってしまいます。安全な場所と思わせないように飛来やフンが見られたらフンをすぐに掃除し、防鳥ネットや剣山を設置するのが有効な対策と言えます。鳩害を最小限に抑えるためにはいかに早く手を打つかが最大のポイントとなりす。しかし、マンションなどでは美観を損ねるため大家と相談しなければならない場合もあるので注意が必要です。しかし、鳩が安全な場所と認識してしまえばこれらの対策はほぼ無意味になってしまいます。これらの対策をしても飛来する場合は忌避剤や触れると電気が流れる電線を張るほかありません。